肌悩みのある大人に向けたビーグレンの使い方

 

年齢を重ねる毎に、
肌の悩みも変化します。

 

10代、20代の頃は皮脂の分泌も多く、
ニキビや吹き出物に悩まされ、

 

30代に入ってからはシミやシワが
気になるようになってきます。

 

年齢を重ねる毎に、
シミやシワの悩みはより深刻になり、
さらにたるみも気になり始めます。

 

ビーグレンでは肌の悩み別に
基礎化粧品を選択できるように
なっています。

 

そのうちエイジングケアに適している
ラインの使い方をご紹介します。

 

エイジングケアプログラム

 

ビーグレンのエイジングケアプログラムは、
額や目元などの気になるシワを
ケアするためのプログラムです。

 

シワが発生するのは加齢や
笑いジワなど表情によるものが原因です。

 

エイジングケアプログラムの使い方は、
5つのステップでシワの悩みを解消します。

 

@洗顔料(クレイウォッシュ)

 

皮脂を取り過ぎずに次のステップで
使用する美容成分が浸透しやすいように
肌を洗い上げます。

 

A化粧水(QuSomeローション)

 

最大17時間うるおいを肌に留め、
次の製品の効果を高めます。

 

B美容液(Cセラム)

 

穏やかなピーリング作用があり、
肌のターンオーバーを助けます。

 

また、弾むような肌へと導きます。

 

C美容液(QuSomeレチノA)

 

既にできてしまったシワに対して
肌の内側から働きかけます。

 

Dクリーム(QuSomeモイスチャーリッチクリーム)

 

角質の奥までうるおいを届け、
肌のハリを高めます。

 

他にたるみ・ほうれい線ケアプログラムも
エイジングケアに適しています。

 

ビーグレンでは他にも様々な肌の悩みに
合わせたラインが用意されています。

 

正しい使い方で上手に取り入れて
美しい肌を目指したいですね。